スポンサーサイト

2016.10.26 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ゲームでよく聞く「技術力」の話

    2016.10.26 Wednesday

    0

      JUGEMテーマ:ゲーム

       

       

      いろんなゲームレビューで見る「技術力」という言葉。
      とくに海外のゲームを扱っている記事でよく見る言葉でもありますね。
      コレに関して思っていることがあるので、意志改めて描いてみようかと思った次第です。


      さて技術力と聞いてそれが海外のゲームレビューだったりCMだったりすることが多いですが
      なにと比べて技術力が「高い」としていますか?
      多分私が考えるとおりでは、日本のゲームと比べて技術力が「高い」としているのではないかと思います。
      基本的に高い、低いという言葉自体、比較対象がどこかに存在していて使う言葉だと考えているからです。

      たしかに現在日本のどの市場、どの会社を見ても、StarWars: Battlefrontや
      バットマン:アーカム・ナイトを作れる技術力をもった会社はないと断言できます。
      (ちょっとサイレントヒルズ期待してたんですが...ね)
      いまだに洋ゲーの画面をみても、こりゃどうなってんだと思うことは多いです。



      で、その海外作品をみて日本と比べてすばらしいといえることはたしかに言えるのですが
      ただそう思う前にひとつ、引っかかる部分があると思いませんか?
       
      果たして日本の市場に「リアル」を感じさせるゲームが出ていたでしょうか。

      そこが問題なのです。
      つまりお客さんのニーズがあるほうへ、あるほうへ、技術というものは育っていきます。
      単純にお金の話です。
      私が思うにここ何年か、自分が知る限り「リアルな人が出てくるゲーム」は日本からでていないと思います。
      出てくるのは「リアルテイストだけど首から上はアニメ調で体も誇張された人間」 くらいだと思います。
      まあ技術力うんぬんの話の前に売れないからやらないし、そういった結果育たないんです。
      そのことまで頭に入っていて、事実を発言するのと知らないで結果だけ見ていうのじゃちょっと違うな。
      そう思うことがあったし、そういう事実をちょっと意識してもらいたいと考えていたので記事を書きました。


      別のステージからみれば、日本の技術力はすばらしいと思いますよ。
      きっとみんなの頭の中にはアニメ(2D)と差がない3DCGアニメ が思い浮かばれていることだと思います。
      日本のニーズはそっちにあるのです。
      だからそっちが育ったんですね。そして立体物を二次元化する情熱は、3DCG方面にとどまらず、最近はフィギュアまで。
      プロ(市場を意識している人)ではなく、アマチュアの人でもそういった傾向が目に見えている。

      私たちも無意識下で、リアルでないものをいかにリアルに向いたもので作るのか。
      ということをしてきているわけで。


      そんなことを少しでも踏まえて、日本の市場の現状をみてもらいたいな、なんて思っています。 

      ゲームを作るときの流れ

      2013.05.11 Saturday

      0
        JUGEMテーマ:ゲーム
         


        どうやってゲームは作られているのか。
        何となくわかってても、難しい用語などが沢山あると思うし
        ゲーム業界にこれから入りたい、入ったけど、上司がいってる意味がわからない。
        たくさんあると思います。
        企業によっては研修で教えてくれる事もありますが、すべてそういう会社とはかぎりません。
        また、純粋に、ゲームってどういう流れで作られているのかと、疑問に思っている人の為に、少し簡単にまとめてみました。

        これも会社によって、流れが短縮されたり変わるかもしれませんが、だいたいはこうです。




        まず、この作業工程全般のことを「Mile stone」と言います。
        Milestoneは、道しるべという意味です。



        まず、スタートしたら

         1st プレイヤブル が待っています。

        この1stプレイヤブルというのは、量産化する前に
        「ゲームとしての遊びの根源、面白さがわかる」
        「どんなコンセプトであるのか」
        というのを煮詰めて行く段階です。
        つまり、最も原案。どういうゲーム性なんですか?という企画段階です。


        次にあるのが
         
         Pre-production(プリプロダクション) 
        最終的なゲームの姿が決まって行きます。
        例えばたくさんの企画書があってどれか一つを決めたり、どんなチームでいくのか決めたり。準備の最終段階だと思ってください。



        ここで日本のゲーム会社では多分..あまりまだしてないんじゃ?という行程があります。


         Vertical Slice(バーティカルスライス)
        というものが挟まったりします。

        これは考えると地獄なのですが
        全機能実装の事をいいます。


        大体最初のステージだけを、完成に近いクオリティで先に作ってしまいます。
        多分2ヶ月から、3ヶ月程度かかるかと思います。
        そこで、スケジュール、予算、ゲームとしてどうなのか、というものを見極めてから本制作へと入って行く訳です。
        もちろん、ここで消えて行くゲームも沢山あります。

        最近だと日本でもコレが導入され始めてる、と聞きますが、多分やっているのは大手のみでしょう。
        海外と仕事をする上ではさけて通れない可能性が高いです。
        この行程はコストがかかるため、やっている所がほとんどではありますが、徐々になくなってきている動きもあるそうです。
        ただ、この行程を踏む事によって、このゲームがどう言ったものであるのか
        大変わかりやすくなるため、例えば先方(パブリッシャー;発行者)からお金をもらいやすくなったりするのです。ビジョンがはっきりしますから。



        そして大体このバーティカルスライスを飛ばす行程がほとんどなのですが
        これを飛ばすと

         αバージョン

        になります

        (スケジュールに関してですが、大体1stプレイヤブル後から全体のスケジュールを決めて行きます。)


        α(アルファ)バージョンというのは
        「ゲームのシーケンスが通っている」状態の事です。
        1つのシーケンス(フロー)はこうです。


        スタート→メニュー→1面、2面..×X→エンド→スタッフロール


        どんなゲームかによってこのながれは変わるとも言えますが
        つまり1面だけでも遊べれば良いので、最後までプレイできる状態の事をαバージョンと呼びます。
        面はあとで増やせますし、まずテスト。
        これを先方にみせたり、全体で見たりして改善点などを見つけ出し、仕様の変更があったりします。


        このαバージョンから次の行程までに宣伝の為の素材を集めたりします。
        よくゲーム情報雑誌に、発売したらビジュアルちょっと変わるかも、と注意書きがあるのはこの為です。



        つぎにあるのが

         β(ベータ)バージョン です。

        アルファの時の、1面、2面×XのXの部分は全て導入されていなくてはなりません。
        つまり、マリオで考えると、全ての面は存在している状態でなくてはなりません。つまり素材も揃っているという事です。
        ここの状態では、バグや不具合が入っていたとしても問題ありません。
        例え、1面から2面へいけなくて、面が通っていないという状態であったとしても、データそのものがきちんと存在していれば良いのです。
        もちろんこの段階は、会社によってクオリティの出し方が決まってきますので一概にこうだとはいえません。大体こんなものだと思っていてください。
        つまりここまでくると、バグのみを、ひたすら見つけてなおして行っている。
        そういう行程に行けていれば良いのです。




        最後に、 ファイナル(マスター)です。

        ここで審査を通らなくてはなりません。
        さらにバグをなおし

        納品となります。




        これが大体の流れです。


        ちなみにゲームって、納品してから2ヶ月後に販売されてるんですよ。
        宣伝は会社やタイトルによりますが、大体3ヶ月前くらいから宣伝活動が始まったりします。
        最近はインターネットに接続して、オンラインで、というゲームも多いので
        納品まででは終わらず、運営や、運営開発をこの行程のあとにやっているトコロもあります。



        ちなみに恐ろしい事を言うと、バグってディスクの品番によっても出現する箇所が違うんです。国によっても違います。
        韓国製、アメリカ製というだけでも、バグというのは変わるんです。途方もないです。

        あとディスクの読み込みの仕方というのも、結構気をつけなくてはならないんですよ。
        例えば、ディスクを読み込んでいるときに、機械が一生懸命読み込んでいますよね。
        あれの読み込みによってはハードをいためてしまったりするので、そういった事の少ない、負担の少ない読み込みにしてあげる、など色々な配慮があるんですよ。

        あとはTRCやTCRなど呼ばれているものです。
        会社のロゴが出ているときって飛ばせませんよね。
        それだけに限らず様々なお約束が存在しています。
        良かったら情報をさがしてみてください。



        ちなみに約、年平均してゲームがどのくらい発売されているかというと
        1年で650本だそうです。しかし今はスマホの時代ですね。何万とゲームはあるでしょうね....。

        年超したしもう一度ゲームを確認

        2013.01.02 Wednesday

        0
          JUGEMテーマ:ゲーム
           



          個人的に買いたいと思っているゲームまとめ。







          The Last of Us


          http://youtu.be/Me0onHb4FTg





           

          Beyond
          : Two Souls


            http://youtu.be/2L3wf3l6FcM








           Watch Dogs



            http://youtu.be/FcMRkyoHKeA
           時代は多分違うけどなんだかThe Saboteurの感じ。






          同じく

           Dead Space 3
          http://youtu.be/P0VWz2yY0BU

           Hawken

           http://youtu.be/Is9nujmgPBo

          もやりたい。

          Hawken

          2012.06.04 Monday

          0
            JUGEMテーマ:ゲーム
             
            みなさん、お久しぶりです。
            今回はゲーム話をしようと思います。
            さて、私が処理落ちが酷いイメージムービーというか、テストプレイ映像の頃から
            世界観と、ロボットの二つに惹き付けられて期待しているゲーム

            Hawken

            をご紹介します。
            紹介といってもまだまだ情報が足りなくて、FPSだとかMOだとか、アクションだって事くらいしか言えないのですが。
            まあとにかくこのゲームをおすすめ出来るのは、ロボットが好きで、なおかつ廃墟が好きで、FPSが好きでロボットにのって戦いたいという夢をお持ちであれば
            夢が叶うアクションゲームなのではないでしょうか。

            ここからはWeb上で集めた情報をご紹介します。

            Gears of Werにてアートディレクションを勤めたジェレミー氏が、Web上で公開される映画シリーズを撮るそうです。

            また、トレイラーもいくつか公開されています。
            とりあえず、見た方がきっと早いので、こちらをご覧下さい。


            最新のPVです




            見られない方は こちら






            見られない方は こちら
            格納されてしまうロボット、可愛いですね。




            ロボットデザイン





            以下、コンセプトアート
















            こんな感じの世界観だそうです。
            ネットを探ればまだまだ画像はでてきますが、この辺で。




            Hawken、オフィシャルサイト

            今日配信タイトル PS3 『Journey』

            2012.03.15 Thursday

            0
              JUGEMテーマ:ゲーム
               





              今日配信されてる?タイトル、「Journey」(風ノ旅ビト)
              遊んでますか。私は箱ユーザーでそれほど金もないせいでPS3持ってないんですよね。
              欲しいけど、どっちが良いのか悩んだあげく
              まあ、洋ゲーやるし、箱でいいか、となんも考えず購入したんです。


              で、今回注目の「Journey」というゲーム。
              プレイステーション限定タイトルなんで、持ってるかた是非遊んでいただきたいです。
              砂の表現はアンチャーデット越えてるんじゃないの?と思うくらい
              リアルで、きらめきの表現が半端なく良いです。
              見てもらうのが、一番だと思うので動画でご覧下さい。


              http://www.youtube.com/watch?v=Umrcyjmh8C4&feature=related







              どうでしたか?
              ICOが好きな人には、たまらない世界観だと思います。
              遊べてる人がうらやましい。
              確か1500円なので、買って損はないと思います。
              購入したわけでないので、強くおすすめはしませんが、世界観が好きな人には
              プレイして損ないのでは?と思います。
              それにしてもキャラクター表現的に、もっとコミカルなのかなと思いきやですね。

              良いな...遊びたいなw







              で、なんとなくこの放浪に時間掛ける雰囲気、見た事あると思うんです。
              あの「Flow」とか「Flower」の会社ですね。
              どちらも映像として作りが奇麗で、シンプルで癒し系のゲームです。
              そちらも是非ご覧下さい。


              http://www.youtube.com/watch?v=UjdjtJ7x_Ks&feature=endscreen&NR=1

              Alan Wake

              2010.11.23 Tuesday

              0
                 最近感動したゲームについて。
                さて、今回取り上げるのは洋ゲー「Alan Wake」
                洋ゲーに隔たりがあったり、あまり期待してない人にもお勧め。


                ざっくりと説明すると、小説家のアランが、自分が書いてないはずの、予言の様な小説の断片をひろいながら、いなくなってしまった妻を捜す話し。発売日は2010年5月27日とわりと最近。
                とにかく世界観としては「アナザーウィンドウ」ってジョニー・ディップが主演をつとめた映画のような雰囲気。
                このゲームをお勧めするにあたって「スティーブン・キング」が好きならば最高なんじゃなかろうか。

                このゲームの世界観は凄く好きで、影が襲いかかってきて、ライトでそれを照らし出し、闇を剥がして銃でっていうのが良い。こういうのは中々なくて好き。
                影のざわめきの描写や、危険が迫ってそれを回避するときのスローモーション演出なんて映画並だ。
                とにかく光エンジンが優秀。
                自然もこまかく描写してあって、CGって自然物が一番苦手なのに、よくやったなぁって印象を受けました。
                あと、物理エンジンどうにかしてくださいw
                優秀なのは良いんですけど、崖の所にあるアイテムが、開いた瞬間コロコロアーッ!ってなるんで!取れないんで!!
                あと物を回避したあとに違うものにぶつかった連鎖で飛んでくるんですけどw
                なにそのビリヤード。

                謎解きより、最近のゲーム、なんかストーリー物足りないんですけど。ってかたにはさらにお勧め。
                演出のおかげで、質の良いドラマを見てる気分です。
                だってさ、章の隙間とかに主人公のセリフで「前回のアラン・ウェイクはー」ってサザエさんか。

                とにかくこの作品に対して、そんなに語ってしまうと・・・謎の魅力に触れてしまいそうでアレなんで
                ちょっと覗いて見たいなってなったらこちらからどうぞ。

                http://www.famitsu.com/game/news/1232571_1124.html



                あと、360持ってないし、このために買うのは、って言う人はもうコレの出番ですよね



                http://nine.nicovideo.jp/watch/sm10865805

                SBRとバッタ

                2010.09.08 Wednesday

                0
                  100727_0335~01.jpg
                  SBRはパルプ・フィクションをも引き出して描いていたんだね。
                  ハンカチの件の話なんだけどね。SBRはハンカチじゃなくて時計だったか忘れたけど。
                  知ってる人は知ってるんじゃないでしょうか。
                  確か若いときの大統領が出てくる話がSBRであった気がする。
                  と、ジャンプネタバレサイトを見ながら思ったわけです。
                  いやぁ穴野アナでなく、眼球をなくした眼窩の中に隠すんじゃあ、覚悟が必要だな。


                  さて10月21日木曜日。
                  祭ですね!GHM好きにはたまりません。
                  今年ハガキをもらった人は既に隠しサイトで知っていたでしょうが。
                  初耳な私には驚くべきことなのだよ、デカチン!
                  さっそく5万を借りないとね。ナカから笑
                  それにしても一般入場アリですよね?須田さん。
                  2Chの「ラブプラス」ならぬ「スダプラス」に思わず大爆笑して、え、ほしいんだけど
                  と思った私がジャンピング土下座で申し上げますよ、須田さん。


                  まだシルバー事件は三話目の途中ですが、はまってますよ。
                  だって、あんなに面白い人間関係とコントはGHM特有だなって。

                  とにかくやっぱりスミオ、と名の付くキャラは良い。
                  なんだか惹かれるモノがある人格で出してきます。
                  私はFSRを先にクリアしてしまったヤツなので、訳のわからぬままロスパス島を徘徊した訳です。
                  さて、あの衝撃であろうラストが見えてくるんだろうか。
                  きるざぱすと、ってね。そこからなのかな。島の名前は。
                  で!シルバー事件本編で、花と太陽と雨と、だよ、というセリフにおお!と思わざるを得なかった私なのだった。

                  私はkiller7がGHMを知った切欠なんだけど、ロード中の月、あれ、シルバー事件にも出てたよね!

                  GHMは、いつもBGMやらちょっとしたところを注意して聞くと、にやにや出来るゲームばかり出すからね。

                  おいでよ!サイレント村!

                  2009.12.17 Thursday

                  0
                    091205_1812~01.jpg
                    帰りの電車の中で、友人とサイレントヒルと、おいでよどうぶつの森をコラボレートさせる話題で盛り上がったので。


                    あのサイレントヒルのぬめっとしたポリゴン世界に、ファンシーな二等親キャラがいるだけで笑える感じなのだが。
                    もしいるとしたらと言う事を仮定して書く。

                    例えば、ホテルなどの一室にどうぶつが居る場合、ジェイムスはオートでノックを二回して入る。
                    「いらっしゃい、ジェイムスちゃん。なのね。」
                    でもその後ろにグロテスクなものがうろうろしている訳で。
                    ちなみにどうぶつは、グロテスクな物を家具として認知するので、恒例の押したり引いたり回したりというアクションができる。
                    グロテスクなものが攻撃しようが、どうぶつは無敵なので
                    ぼよんっというSEだけで終わるだろう。
                    もう色んな配置にたらい回し状態だ。
                    そんな感じなのに、ジェイムスにとっては敵なので、どんなに爽やかに挨拶されても微妙な空気になることこの上無い訳なのである。
                    首センサーも働きまくりだ。

                    そんでもってサイレント村に引っ越したからにはまだ災難は待ち受けている。
                    たぬきちだ。
                    彼は常にジェイムスの後ろに付いて回る。
                    この村は俺の店状態。
                    ある一室の椅子に座ったまま死んだ男がいてもお構い無し。
                    その椅子まで近づき
                    「この椅子は700ベルだなも。」
                    と言ってくるだろう。
                    鉄パイプを道端で見つけ拾おうとすると
                    「ハイハイ、この鉄パイプね。500ベルだなも。」
                    ベルなんて持ってやしねェ。
                    精神面だけでなく経済面からも追い詰められるゲームになるだろう。


                    ちなみにこの村でもハニワは掘り出せる。
                    ハニワに翻弄されるクリーチャー達が見てみたい。
                    ハニワは音出すわ動くわできっとクリーチャー達もジェイムスとどっちを取ろうか迷うに違いないし
                    地面に固定されているとは言え、あのハニワの不可解な動きに攻撃がスかるかもしれない。
                    寄ってたかるクリーチャー達を、後ろから拳銃やら鉄パイプで襲えばこっちのものだ。
                    重要なレアアイテムになるが、多分これもたぬきちに

                    「828円だなも」

                    と言われる可能性が高い。
                    隙を見て取るしかないだろう。



                    ちなみに友人はどうぶつ達に教えられる流行語(語尾に付ける言葉)
                    を「しかし…」と「グミ食べる?」にしたらしい。
                    最高すぎる。

                    どうぶつ「○○ちゃんありがとう。しかし…」
                    自分「………。」
                    どうぶつ「………。」
                    自分「いやなんだよ!気になるよ!」

                    どうぶつ「…だよ。グミ食べる?」
                    自分「いや、遠慮しておきます。」
                    どうぶつ「いい天気なのね。グミ食べる?」
                    自分「……遠慮します。」

                    そんなに勧めるグミって美味しいのかはたまた不味いのか。

                    にしてもホラーと笑いって紙一重。

                    ゲーム紹介

                    2009.12.15 Tuesday

                    0
                      091211_1852~01.jpg
                      世に言うクソゲーと呼ばれるゲーム。
                      ストーリーは至って単純な様でそこから既にカオスさをにじみ出させているようなモンなんだけど

                      普通に生活していた男の子が
                      突然現れたよくわかんない妖精さんに
                      「ねぇこっちよ…」
                      と勧誘を受けてのこのことついていくと、突然カブトムシに変身させられてしまうところから始まる。

                      常人なら既にここで発狂ものである


                      精神の強い男の子は、カブトムシの姿のまま
                      はぐれた女の子の捜索に向かう(確か何か目的があった)途中で出会った、奇妙な仲間達と共に
                      旅に出ることになった。

                      大まかに話せばこんな感じ。
                      知名度無いわりに、声優の豪華さに驚くゲームである。
                      そして一番プレーヤーをイライラさせるのは
                      各キャラのセリフ
                      まだあまり言葉を覚えていない子供が無理矢理喋ってる感じ。
                      ヒロインの女の子カブトムシも、事あるごとに「〜だったのでしたぁっじゃーん」と言われるとイライラします笑
                      しかもじゃーんっ
                      て言うと大概仲間達もつられてじゃーんとか言い出すので…テメェと胸ぐら掴みたくなってくる。

                      兎に角、道を聞いてもイライラする事必須。
                      誰かが喋り、それを5匹くらいが復唱するシーンなんて(それがムカつく事を言うのだ)一匹一匹火焔放射器で焼きたくなるくらいである。

                      何故プレーヤーをここまで虫嫌いにさせたがるのかさっぱり訳が解らない。


                      でもストーリーはそんなカオスさを退けるほど実はいい話。
                      ちらっと話をすると、上野の巨大な公園にあった昆虫博物館が舞台であり
                      それはかなり前に、潰されているのだ。
                      そこの虫達の運命を描いたラストになっている。


                      「TIZ」は耐久ゲームだけど
                      YouTubeでちらっと見るのは面白いと思う。
                      是非、セリフのカオスさを味わってもらいたい。
                      個人的に、プレイ動画で笑
                      声優も必見ですわ。
                      1